『ポケットモンスター サン・ムーン』で遊んでいます。

pokemon_sun_moon

時間のねじれ/Time Warp

 11月18日に発売になった『ポケットモンスター サン・ムーン』、皆さんはもうプレイしましたでしょうか? 気の早い人はもう準伝説を厳選してレーティングバトルに潜っているかと思います。

 かく言う筆者は、19日の昼に手元に届き、そこからぶっ続けでプレイして、本日朝の6時ごろに殿堂入りしました。総プレイ時間は約15時間。対戦環境に関するネタバレは読んでいたのですが、ストーリーに関するネタバレは見ないようにしていたので、かなり時間がかかってしまいました。

ファーストインプレッション

なぜ“オブジェクト指向”をするのか。


via Berto Garcia

オブジェクトさん

 “オブジェクト指向プログラミング”が市民権を得て何十年も経ちました。プログラミングを勉強している人はオブジェクト指向から避けて通れないかなと思います。かく言う筆者もそうで、ただいま勉強中です。ただ、オブジェクト指向はふわふわしていて理解が難しく、“継承”“カプセル化”“多態性(ポリモーフィズム)”など、謎の単語が出てきて理解を妨げてきます。いろいろな書籍やサイトでは、こういった単語についての説明がされています。

 しかし、オブジェクト指向は目的ではなく手段であり、「コードをより良く書く」ための一つの方法です。なので、“なぜ”オブジェクト指向をするのかということを初めに知っておく必要があります。そこがわかると、謎の単語の意図などの理解も進みます。この“なぜ”という部分については、それこそ筆者よりも詳しい人に言わせるといろいろな話があるのでしょうが、今回は、筆者なりのシンプルな解釈を紹介したいと思います。

ルールと責任

“Touch Bar”が搭載された『MacBook Pro』が発表されてましたね

もう恒例

 9月に新しいiPhoneが発表された後、もう一度ハードウェアのスペシャルイベントがあるのはもう毎年恒例となっています。と、毎年書くのがもう恒例になっていますが(笑)、今年も10月27日(日本時間で28日)にスペシャルイベントが開催されました。

 まあ、イベント前にアップデートされたmacOSに画像が入っていてネタバレしていましたが、そんな新しい『MacBook Pro』をまったりと振り返りたいと思います。

キーボードが生まれ変わる?

macOSで『GitLab.com』を使うときのメモ

gitlab_logo

広がるGitの輪

 ここ最近のGitの勢いは目覚ましく、特にリポジトリのホスティングサービス『GitHub』を使った開発は、近年のソフトウェア開発には欠かせないものとなりつつあるようです。

 筆者も長らくGitを使っていますが、GitHubのデザイン自体がそこまで使いやすいと思っていないこと、無料版だと非公開で使うことができないこと、個人的には“プルリクエスト”よりも“マージリクエスト”のほうがしっくりくることなどから、ホスティングサービスには『Bitbucket』を使っていました。

 ブログのデザインの草案などはすべてBitbucketで管理しています。ですが、Bitbucketも無料版には縛りが多く、別のホスティングサービスを探していました。そうしたら、『GitLab.com』を紹介されました。

 GitLabといえばオンプレのホスティングサービスという印象があったのですが、このGitLab.comはGitHubやBitbucketと同じウェブサービスで、無料で、非公開リポジトリをつくれるということで、さっそく活用することにしました。その際、Macでの認証のやり方がわからなく、いろいろと試行錯誤をしたので、備忘録も兼ねて書いておこうと思います。

ターミナルから公開鍵生成

最近読んだ漫画──『将棋の渡辺くん』とか『数学女子』とか──

摩訶不思議な“将棋棋士”の世界を楽しめる『将棋の渡辺くん』

 だいぶ前から話題になっていましたが、2巻発売を機に買ってみました。一般人離れしたエピソードが多いですが、これが全部ノンフィクションだということがおもしろいです。将棋界に興味がある人は読んだら絶対おもしろく感じると思いますし、将棋に興味なくても「こんな世界があるんだ」と楽しめると思います。

 あと、伊奈先生の似顔絵は特徴を捉えていて似ているのですが、森内俊之さんの似顔絵には悪意を感じてしまうのは気のせいでしょうか……(笑)。

進路も恋愛もリアルに完結した『数学女子』