『WWDC2012』開幕!

 ついに待ちに待った『WWDC2012』が開幕となりました。筆者がAppleに触れるようになってから初めての『WWDC』なんで、非常に楽しみにしていました。楽しみにしすぎて、ちょっと体調を崩しちゃうくらい楽しみにしてました(笑)。

 そんな『WWDC』のKeynoteの中で、主に筆者が興味を持ったことについて、簡易的なまとめをしたいと思います。

新しい『MacBook Pro』シリーズ

 事前の噂になっていたとおり、新しい『MacBook Pro』シリーズ、『MacBook Pro Retina Dislay』が発表になりました。15インチRetinaディスプレイ採用の2880×1800という超解像度、『Thunderbolt』ポートが2つ、メモリ最大16GBでCPUも『Ivy Bridge』のクアッドコア搭載という、プロ用のハイエンドモデルです。お値段は下位モデルで18万4800円とかなり高めですが、それに見合うだけのスペックがありそうですね。

 従来の『MacBook Pro』や『MacBook Air』も新しいモデルが発表されましたが、『Ivy Bridge』搭載、USB3.0くらいしか新しい要素がなくて、しかもどれも予想されたものだったんで、影が薄かったですねw Airのメモリが8GBまで積めるようになったのはいいですね。そして17インチの『MacBook Pro』はひっそりと役割を終えたようです。

『Mountain Lion』は……

 クラウド化が進み、iOSに近づいた『OS X Mountain Lion』。ですが、『Lion』のマイナーアップデートという筆者の中でのイメージは残念ながらひっくり返りませんでした。Safariがかなり使いやすくなったっていうのはポイントでしょうけれど、筆者は使わないですしね(笑)。『Siri』が対応すれば面白かったんですが、音声入力のみ対応だそうです。お値段は『Lion』からさらに安くなって1700円だそうです。予想通り、7月に発売ですね。

『iPhone』は『iOS6』が発表

 『iOS6』も発表になりましたね。かなり『Siri』が推されてました。『iPad』にも『Siri』が対応するみたいです。また『Facebook』との連携が強化されたようです。

 マップはこれまでの『Google MAP』から離脱し、交通状態の情報もわかるようになるそうですが、日本のデータが対応するかどうかは怪しいです。これも『Siri』と連携しているので、車を運転しながら使えるってのは便利そうですね。

 そして新しい『iPhone』は、今年の秋に発売されることになりそうですね。

おわりに

 『WWDC』は今日だけでなくまだしばらく続きますが、とりあえず目新しい発表はこれくらいですかね。もう新しい『MacBook』はApple Storeで購入できるようになるそうです。また、デスクトップモデルもこっそりStoreの方でアップデートが紹介されるかもしれないので、まだしばらくは目が離せそうにないですね。