カロスサンダー厳選するマン

サンダー

 XYの固定シンボルの伝説のポケモンの捕獲の際に、シンクロ要員を準備しようとか実数値から厳選しようとかの基本的な内容は以前書きました。

 カロスサンダー厳選は性格[ひかえめ]でめざパ氷の個体を厳選していて、31-31-30-31-31-31の個体を泣く泣くリセットしたところで心が折れたのでしばらく休憩していますが、いつかまた再開したいと思います。今になって思えば、この個体もキープして、もう1周Xをプレイすればよかったかもしれません。まあ後の祭りですし、[ひかえめ]で採用級の個体をもう1匹もっているのでいいんですけれどね。めざパは草でしたが。

 ORASの最初のラティオスorラティアスの厳選方法も以前少し書きました。その後、それ以外の伝説のポケモンを厳選する前に、今回も効率的な厳選ができないかなと考えました。サンダーはマッギョで[いたみわけ]してればオーケーでしたが、どのポケモンに対しても使えるわけではありません。汎用的に使える厳選方法はないかなーと思っていたところ、少し発想を転換したらかなり汎用的に使えそうな方法を思いついてしまったので、実際に試してみました。

2匹で力を合わせて!

 簡単に言うと、2匹のポケモンを使って後攻[バトンタッチ]からの先攻[いたみわけ]or[いのちがけ]です。HP実数値のチェックと、素早さの実数値のチェックを1匹でやるのではなく、2匹に分けてやります。先発のバトン役は理想の素早さ実数値マイナス1の値にし、後攻バトンができるようにします。痛み分け役はHP実数値と同じにし、素早さは理想値よりも早くなるようにすればオーケーです。低すぎるようなら[こだわりスカーフ]を使いましょう。どうせ[いわみわけ]しか使いません。

ヒードラン

 今回の例では[おくびょう]のヒードランを捕まえたいと思います。ちなみに、ヒードランは今回の準伝説の中でも厳選が簡単でなおかつ強いので、初めて厳選をしてみる人にもオススメかなと思います。洞窟の中なのでダークボールが使えるらしいですし。今回の理想実数値は166-×-126-150-126-106です。理想実数値のチェックはいつものごとく『個体値さん』にお世話になります。Vかどうかはバトルリゾートのポケモンセンターにいるジャッジさんに聞きましょう。めざパまで厳選する人はヒワマキシティのめざパのジャッジさんに聞きましょう。

バシャーモイーブイ

 まず、バトン役はバシャーモにお願いすることにしました。ここはおそらくブイズのほうが汎用性があります。この役は相手の技を1回受ける必要がありますが、イーブイには進化系が8タイプいますから、一撃で死ににくいタイプを選べます。今回ならシャワーズが最適でしょうか。厳選の前に必ず、相手が使う技をチェックしておきましょう。実際に先発で出して、後攻バトンができれば素早さが理想値です。できなければリセットです。なお、今回ヒードランは[こわいかお]で素早さを下げてくることがあるので、[しろいハーブ]を持たせておきましょう。

【2014/12/06 追記】別に[バトンタッチ]でなく、[おきみやげ]や[いやしのねがい]でもいいことに気づいたので、[シンクロ]要因も兼ねられるサーナイトがいいかもしれません。

サーナイト
ブリガロン

 痛み分け役は今回はブリガロンを使います。今回の厳選の準備をする際に初めて、ブリガロンが[いたみわけ]を覚えることを知りました(笑)。素早さ実数値を107以上、HP実数値を166にすれば今回の条件を満たします。[いたみわけ]を使って、HPの変動がなければ理想値ですね。ブリガロンはHPが高く、素早さもそこまで遅くなく、[いたみわけ]を自力で習得(ハリマロン時レベル45)するのでオススメです。まあ、捕まえたいポケモンのHPと素早さを考えながら使うポケモンを決めるといいでしょう。ちなみに、この際に使う技は[いのちがけ]でもオーケーです。HP実数値を165にして[いのちがけ]をして、生き残れば理想値ですね。[いのちがけ]は自主退場にもなるので、マスターボール以外で厳選する際には捕獲要員をスムーズに出せていいかもしれません。

 これらのポケモンは、適当な孵化余りをそのまま使えばオーケーです。バトン役は素早さの、痛み分け役はHPと素早さの個体値がVならそれだけで使えますからね。

 で、実際に厳選をやってみて、2時間ほどで31-×-31-31-28-31という個体を捕まえられました。2時間で投げたマスターボールは20個もないと思います。それだけ効率的に厳選作業ができたということですね。

トルネロスボルトロス

 今回の方法では、特性が[いたずらごころ]のトルネロスやボルトロスには100パーセント有効というわけではないですが、逆に言うと、それ以外のポケモンには調整を少し変えるだけで個体値のチェックが可能なはずです。何か例外があったら教えてください。なお、この2匹はエルフーンで先制[ちょうはつ]すれば素早さのチェックは可能です。

おわりに

 伝説ポケモンの厳選で一番大事なのは、ボールを投げる回数を減らすことです。とくにボール厳選する人は絶対です。毎度毎度眠らせて体力を減らして……とやっていては絶対に終わりません。マスターボールを使う人もやっておいて損はありません。効率的な厳選をして、頑張って理想個体を捕まえましょう。