7月より

 6月いっぱいで今まで働いていた会社を辞めて、7月より無職となりました。まあ流行している退職エントリを書くほどのテクノロジー的実績がある人間でもないので特にそのへんは放っておくとして、転職活動だけだと暇で体と頭が溶けてしまいそうなので、勉強のためにPythonの勉強をすることにしました。

Python(パイソン)は、汎用のプログラミング言語である。コードがシンプルで扱いやすく設計されており、C言語などに比べて、さまざまなプログラムを分かりやすく、少ないコード行数で書けるといった特徴がある。

Python : Wikipedia

 Pythonといえば、みなさんもご存知のとおり近年のAIやビッグデータ解析によく使われている言語です。人気もありますが、正直なぜ人気なのかがわかっていない部分もあったので、この機会に勉強してみることにしました。

 勉強にはドットインストールを使うことにしました。CSSの勉強をやり直したとき以来ですね。

 Paython 3のレッスンは、最初以外は有料会員限定のPremiumなので注意です。

環境開発

 さっそく#01を見てコードを書こうと思いましたが、Python 3のローカル開発環境を作成しましょうという内容でした。

 ただまあ、初日も何かしら書いておきたかったので、#02の内容でもあるHello Worldを試しておきました。MacにはPython 2.7があらかじめ入っていますしね。

# coding: utf-8
"""
複数行のコメント
"""
# コメント
print("hello world")

 実行はターミナルから行なえます。

python myapp.py

 無事hello worldと出力されたのを確認したところで1日目は終了です。2日目は再度環境構築からですね。ただ、2日目が明日とは限りません……(笑)。