開発環境完成

 2日目は昨日の続きで、ローカル開発環境を作成します。と言っても、こちらもレッスンですべて準備されています。

 パスを自分の環境に合わせて調整したり、『Cyberduck』ではなく『Forklift 2』を使ったりと調整しながら、仮想環境のCentOSを作成しました。

 ただ、昨日も書いたとおり、Macに最初からPython 2が入っていますので、できる限りはMac上で動作させたいなという感じです。

さっそく違いが

 レッスンでは実際に変数や演算処理に入っていきました。この辺までは他の言語と変わらないところが多いので、サクサク進めて、#05まで進みました。

 しかし、早速Python 3と2の違いが発生しました。

# coding: utf-8
x = 10
print(x / 3)

 かなり単純なコードですが、2だと3、3だと3.3333333333333335となりました。出力的には後者が正しいかと思います。こういった基本的なところでも差があるものなんですね。