二次元

最近読んだマンガ──『ビリオネアガール』とか『長門有希ちゃんの消失』とか──

バタバタしたけど完結『ビリオネアガール』3巻

 高遠と藤岡の物語も完結しました。物語のクライマックスの二人の距離の付け方はちょっとめずらしい感じでしたが、それがうまくいっていたかどうかは微妙なところです。ともあれ、最後の高遠のセリフはウィットが効いててよかったですね。あまり物語がそっちの方向を目指していたかどうかは微妙なところなんですが、藤岡ことゆかりんのかわいさはもう少し引き出せたような気がします。

ついに……な『長門有希ちゃんの消失』

最近読んだ漫画──『Spotted Flower』とか『微熱空間』とか──

「それをやっちゃあダメだろう……」な『Spotted Flower』3巻

Spotted Flower 3
木尾士目
白泉社
2017-09-29

 ついに出産イベントも終わりました。娘の名前については、あくまで“別世界”ということを強調させたかったんでしょう。ただ……その後の展開は、「それをやっちゃあダメだろう……」と思わざるをえない展開でした。「そういうことはあくまでファンタジー」と劇中でも言われていたように、そういうことはあくまで空想上で、「それを実際にやっちゃったら反則じゃん」という気持ちです。

 おまけマンガで“荻上”という名前が出てきたのも、「じゃあ今までの世界観との折り合いはどうつけるの?」と、疑問の絶えない1冊でした。

『狼と香辛料』は完結!

最近読んだラノベ──『狼と香辛料』とか『おいしいコーヒーのいれ方』とか──

帰ってきた『狼と香辛料』18巻

狼と香辛料 (18) Spring Log (電撃文庫)
支倉凍砂
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-09-10

 ホロとロレンスが帰ってきました。掛け合いのおもしろさは健在ですし、年月を重ねた2人のやりとりは温かいです。続編のはずなのに「旅の余白」の導入にはビックリしましたが……(笑)。「狼と泥まみれの送り狼」もおもしろかったです。結局のところ、世の中の大半の雄は薄幸そうなか弱い娘が好きなのです。セリムかわいいよセリム。

 そして最後の「羊皮紙と悪戯書き」を読むと……?

かわいい娘が大暴れ! な『狼と羊皮紙』

最近読んだ漫画──『げんしけん』とか『わくらばん』とか──

最終回を迎えた『げんしけん』21巻

 長かったも物語も最終回となりました。筆者は連載を追ってはいなかったのですが、『Spotted Flower』2巻のあとがきを読んでなんとなく察していました。9冊で4年間を描ききった“初代”と比べて、12冊で1年間しか進まなかった割には唐突な展開かなと思いましたが、居酒屋での元げんしけん達の会話はおもしろかったですね。咲さんのブラフには、『Spotted Flower』を踏まえてもなお引っかかってしまいました。

 で、“三代目”はあるのでしょうか……?

こちらも最終回『わくらばん』

最近読んだ漫画──『将棋の渡辺くん』とか『数学女子』とか──

摩訶不思議な“将棋棋士”の世界を楽しめる『将棋の渡辺くん』

 だいぶ前から話題になっていましたが、2巻発売を機に買ってみました。一般人離れしたエピソードが多いですが、これが全部ノンフィクションだということがおもしろいです。将棋界に興味がある人は読んだら絶対おもしろく感じると思いますし、将棋に興味なくても「こんな世界があるんだ」と楽しめると思います。

 あと、伊奈先生の似顔絵は特徴を捉えていて似ているのですが、森内俊之さんの似顔絵には悪意を感じてしまうのは気のせいでしょうか……(笑)。

進路も恋愛もリアルに完結した『数学女子』