二次元

最近読んだラノベ──『ココロコネクト』とか『僕は友達が少ない』とか──

“普通”であって“普通”じゃない『ココロコネクト プレシャスタイム』

 本編も終わり、それ以降の短編集です。中身は本当に“普通”の高校生の日常なんですが、その普通がとても普通ではない〈ふうせんかずら〉とのアレコレがあったからということを考えるとなんだか感慨深いものがあります。「新入生よ、大志を抱け」は読んでて自分と重ねてしまう部分があってちょっとしんどかったですが(笑)。

 そして改めて、庵田先生と白身魚先生に「お疲れさまでした」と言いたいですね。

人間臭さが更に強調された『僕は友達が少ない』9巻

最近読んだ漫画──『大室家』とか『デート・ア・ストライク』とか──

ゆるさ満点『大室家』

 『ゆるゆり』のスピンオフコミックで、大室櫻子とその姉・撫子、妹の花子が織りなす、本編よりも更にゆるゆるなコメディです。まあ、主役となる櫻子が本編屈指のお気楽キャラですからね。本編には登場しない撫子や花子の友人たちも登場し、新鮮な感じでまったりできます。

 しかし、撫子の相手は……一体誰なんでしょうか。

キャラクターが立ってきた『デート・ア・ストライク』3巻

最近読んだラノベとか、今年の『このラノ』に投票した作品とか

いよいよクライマックスも間近な『ソードアート・オンライン』13巻

 “アリシゼーション”編も5作目。いよいよ終わり、塔の天辺が見え始めてきました。ちょっと忘れかけていた話のテーマ、というか伏線を二つほど思い出しながら読んでいたので、なかなかに新鮮でした。口絵も、最初見たときはマジでわからなかったんですけれど、読んでいて気づいたときは衝撃的でしたね。現実世界の方にも波乱が起きそうな雰囲気で。ラストも一番盛り上がったところでのヒキなので、早く次が読みたいです。

 そしてここで次に来るのが“プログレッシブ”の方ですか。なんという放置プレイ……(笑)。

物語は回り続ける『とある飛空士への誓約』3巻

夏アニメの総括とか、秋アニメへの期待とか


via Danny Choo

季節は廻る。

 季節は巡ります。いつまでも終わらないお祭りがないように、いつまでも終わらない夏がないように、いつまでも終わらないアニメもありません……。いや、それはひょっとしたらあるのかもしれませんけど(笑)。ともかく、9月も終わり10月になり、夏アニメも終わって秋アニメが始まります。というわけで、いつものごとくあーだこーだ言いたいと思います。

夏アニメの話

最近読んだ漫画──『デイト・ア・オリガミ』とか『7時間目の音符』とか──

いい感じにクレイジーな『デイト・ア・オリガミ』

 発売に気づかずだいぶ長い期間スルーしてしまいましたが、前からずっと読みたかった作品。こういう若干狂ったコミカライズは大好きです。タイトルのとおり、原作の『デート・ア・ライブ』の鳶一折紙のクレイジーな愛情表現をフィーチャーしたパロディ4コマ。全体的にぬるい雰囲気で、なおかつクレイジーさがいい感じでバランスとれています。

 しかし、折紙は本当に可愛いですね。あと、たまちゃんが不憫な役回りなのがなんとも……(笑)。

アルビオンでの戦いも完結『ゼロの使い魔 シュヴァリエ』4巻