漫画

最近読んだ漫画──『“文学少女”と飢え渇く幽霊』とか──

色々すっ飛ばされた『“文学少女”と飢え渇く幽霊』最終巻

 原作2巻までの内容で終わってしまいました。ラストのラストは唐突すぎて……。高坂りと先生はデフォルメのギャグ調の話を描くのがすごく上手いので、そういった方面でもうちょっと見てみたかった感じもしています。

 原作も読んでみたいんですけれど、時間がなぁ……って感じです。長編を後から追うのって大変ですよね。

サクッと終わった『ココロコネクト』

最近読んだ漫画──『長門有希ちゃんの消失』とか『Angel Beats!』とか──

『長門有希ちゃんの消失』と『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』

 『長門有希ちゃんの消失』は文化祭に突入。相変わらず雰囲気がイイですよね。安心して読めます。『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』は佐々木たちが本格参入してきました。九曜さんこと“くにょん”がかわいいですね。橘と森さんの掛け合いもイイ感じです。

 てか、『長門有希ちゃんの消失』はアニメ化企画進行中なんですね。コミカライズの中でも一番好きなんで、メチャクチャ楽しみです。

パンチ力のある『IS シュガー&ハニー』

最近読んだ漫画──『咲日和』とか『じょしらく』とか──

インターハイも佳境『咲-Saki-』11巻と12巻

咲-Saki-(11) (ヤングガンガンコミックス)
小林 立
スクウェア・エニックス
2013-04-25
咲-Saki- (12) (ヤングガンガンコミックス)
小林 立
スクウェア・エニックス
2013-12-25

 2回戦の大将戦も終わり、「阿知賀編」との繋がりも見えてきたところで準決勝に突入です。しかしまあ、麻雀ギャグ漫画としての完成度というか振り切れ方はやはり「阿知賀編」には敵いませんね。そのぶん、絵の完成度や各キャラクターの背景のストーリーなどはやはり本家といった感じです。

ゆるゆる日常4コマ『咲日和』

最近読んだ漫画──『Q.E.D.』とか『咲-Saki- 阿知賀編』とか──

『Q.E.D.』と『C.M.B.』

 『Q.E.D.』は「失恋」がネタ・オチともに綺麗に決まっていて面白かったですね。『C.M.B.』は「ダイヤ泥棒」の展開が面白かったですね。「レース」はオチがちょっと読めましたけれど、話の落とし所としては悪くなかったと思います。この1冊の中で一番笑ったのは“M.A.U.”の扉でしたけれど(笑)。

奇跡の面白さだった『咲-Saki- 阿知賀編』5巻と6巻

最近読んだ漫画──『わくらばん』とか『家族ゲーム』とか──

橙子が登場『わくらばん』2巻

わくらばん (2) (電撃コミックスEX)
桂明日香
アスキー・メディアワークス
2013-10-26

 真白の幼なじみのサブカルメガネっ娘・橙子がコーポわくらばに引っ越してきました。これまで以上にはっきりと三角関係が描かれるようになったので、かなりイイ感じに悶えられます。おまけの“伊紅ちゃんのアルバイト”編もなかなかです。そして3巻では葵の妹の……。

ついについにな『家族ゲーム』11巻