漫画

最近読んだ漫画──『大室家』とか『デート・ア・ストライク』とか──

ゆるさ満点『大室家』

 『ゆるゆり』のスピンオフコミックで、大室櫻子とその姉・撫子、妹の花子が織りなす、本編よりも更にゆるゆるなコメディです。まあ、主役となる櫻子が本編屈指のお気楽キャラですからね。本編には登場しない撫子や花子の友人たちも登場し、新鮮な感じでまったりできます。

 しかし、撫子の相手は……一体誰なんでしょうか。

キャラクターが立ってきた『デート・ア・ストライク』3巻

最近読んだ漫画──『デイト・ア・オリガミ』とか『7時間目の音符』とか──

いい感じにクレイジーな『デイト・ア・オリガミ』

 発売に気づかずだいぶ長い期間スルーしてしまいましたが、前からずっと読みたかった作品。こういう若干狂ったコミカライズは大好きです。タイトルのとおり、原作の『デート・ア・ライブ』の鳶一折紙のクレイジーな愛情表現をフィーチャーしたパロディ4コマ。全体的にぬるい雰囲気で、なおかつクレイジーさがいい感じでバランスとれています。

 しかし、折紙は本当に可愛いですね。あと、たまちゃんが不憫な役回りなのがなんとも……(笑)。

アルビオンでの戦いも完結『ゼロの使い魔 シュヴァリエ』4巻

最近読んだ漫画──『ばくおん!!』とか『バカとテストと召喚獣』とか──

『Q.E.D.』45巻とか『C.M.B.』23巻とか

Q.E.D.証明終了(45) (月刊マガジンコミックス) Q.E.D.証明終了(45) (月刊マガジンコミックス) [コミック]
著者:加藤 元浩
出版:講談社
(2013-06-17)
C.M.B.森羅博物館の事件目録(23) (月刊マガジンコミックス) C.M.B.森羅博物館の事件目録(23) (月刊マガジンコミックス) [コミック]
著者:加藤 元浩
出版:講談社
(2013-06-17)

 『Q.E.D.』の「金星」はイマイチよくわからない話でした。トリックもわかりやすかったですしね。「初恋」の方もなんだかボンヤリした話に思えました。

 『C.M.B.』は「4枚目の鏝絵」が面白かったですね。昔の狂気の美術品の話はよく出てきますが、特にハマっていたように気がしました。「グラウンド」も面白かったです。タイムリーな話題でしたからね。

学園祭でも爆走『ばくおん!!』3巻

最近読んだ漫画──『Angel Beats!』とか『げんしけん』とか──

遊佐の過去が垣間見える『Angel Beats! Heaven’s Door』5巻

Angel Beats!Heaven’s Door 5 (電撃コミックス) Angel Beats!Heaven’s Door 5 (電撃コミックス) [コミック]
著者:麻枝 准
出版:アスキー・メディアワークス
(2013-04-27)

 今巻ではアニメでは出番の少なかった遊佐が登場します。が、戦線加入前にこんな深いいきさつがあったのか……って感じですね。ここまでで一番重たい話に感じました。加入直前のことはぼかされていますが、色々想像が捗って楽しいですね。そして、野田が不憫でなりません……(笑)。

何かが終わって何かが始まった『げんしけん 二代目の伍』

最近読んだ漫画──『家族ゲーム』とか『金田一少年の事件簿』とか──

話が占野家にシフトしてきた『家族ゲーム』10巻

電撃4コマ コレクション 家族ゲーム (10) (電撃コミックスEX) 電撃4コマ コレクション 家族ゲーム (10) (電撃コミックスEX) [コミック]
著者:鈴城 芹
出版:アスキー・メディアワークス
(2013-04-27)

 物語のメインがややシフトして、遊佐家と占野家で半分ずつくらいになった印象です。水瀬が宇藤に対して変な性癖に目覚めていてびっくりしました(笑)。ともあれ、登場人物がイチャイチャしてるのは変わりないんですけれどね(笑)。

『金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ』4巻と5巻