漫画

最近読んだ漫画──『Angel Beats!』とか『げんしけん』とか──

遊佐の過去が垣間見える『Angel Beats! Heaven’s Door』5巻

Angel Beats!Heaven’s Door 5 (電撃コミックス) Angel Beats!Heaven’s Door 5 (電撃コミックス) [コミック]
著者:麻枝 准
出版:アスキー・メディアワークス
(2013-04-27)

 今巻ではアニメでは出番の少なかった遊佐が登場します。が、戦線加入前にこんな深いいきさつがあったのか……って感じですね。ここまでで一番重たい話に感じました。加入直前のことはぼかされていますが、色々想像が捗って楽しいですね。そして、野田が不憫でなりません……(笑)。

何かが終わって何かが始まった『げんしけん 二代目の伍』

最近読んだ漫画──『家族ゲーム』とか『金田一少年の事件簿』とか──

話が占野家にシフトしてきた『家族ゲーム』10巻

電撃4コマ コレクション 家族ゲーム (10) (電撃コミックスEX) 電撃4コマ コレクション 家族ゲーム (10) (電撃コミックスEX) [コミック]
著者:鈴城 芹
出版:アスキー・メディアワークス
(2013-04-27)

 物語のメインがややシフトして、遊佐家と占野家で半分ずつくらいになった印象です。水瀬が宇藤に対して変な性癖に目覚めていてびっくりしました(笑)。ともあれ、登場人物がイチャイチャしてるのは変わりないんですけれどね(笑)。

『金田一少年の事件簿 20周年記念シリーズ』4巻と5巻

『7時間目の音符』が気持ちよく壁を殴れすぎてヤバい


via Jim, the Photographer

壁殴れる系漫画

 みなさんは新しい漫画やライトノベルのシリーズを発掘するとき、どういったチョイスをしますか? 筆者は、『Twitter』で知り合いの人がオススメしているのを選ぶことが多いです。割かし自分と趣味が近い人が揃っていますしね(笑)。この前も、知り合いの人が呟いていた作品名が面白そうで、調べてみたら内容もかなり面白そうで、試しに1巻だけ買ってみたら物凄く気持ちよく壁を殴れる系の漫画だったので、一気に続巻をまとめ買いしてしまいました。

 てな訳で今回は、カバーの言葉を引用するならば“甘酸っぱさと恥ずかしさ満載”の“思わず悶え転がるイチャラブコメディー”、『7時間目の音符ノートのお話です。

舞台は吹奏楽部

最近読んだ漫画──『わくらばん』とか『未必の恋』とか──

まったりとした日常系『わくらばん』

わくらばん 1 (電撃コミックス EX 190-1) わくらばん 1 (電撃コミックス EX 190-1) [コミック]
著者:桂 明日香
出版:アスキー・メディアワークス
(2013-03-27)

 『週刊アスキー』で連載されているゆる系アパート日常漫画です。大学入学に伴い東京に越してきて初めて一人暮らしを始めた増口真白。アパートのお隣さんにはおとなしい女子高校生の青天目葵と、巨乳なフリーターの赤嶺伊紅。その他の住人には見た目は幼いけど歳上な桜坂桃子、二次元の住人の墨田久朗。これらのちょっとクセのある登場人物が織りなすふわふわな日常風景に癒されます。あとがきによると裏設定はちょっと暗いらしいですが(笑)、そんなことは気にならないくらいには雰囲気のいい、読んでてまったりできる作品です。2巻からは新しい住人も加わるみたいなので、楽しみです。……って、ちょいちょい立ち読みしてるから知ってるんですけれどね(笑)。

シギサワカヤワールド全開な『未必の恋』

現在放送中のアニメ『はたらく魔王さま!』がなかなか面白い


via Danny Choo

たまたま見かけた

 今期のアニメなんですが、以前書いたとおり、『デート・ア・ライブ』と『とある科学の超電磁砲S』の二つのアニメを見る予定でした。エントリに追記してありますが、家のテレビでTOKYO MXが映るということに気付いたので、どちらもTOKYO MXで見ることにしました。

 で、あまりにTOKYO MXが映ることが嬉しすぎてテレビをつけっぱなしにしていると、なにやらアニメが始まりました。見てるとなかなか面白く、『Twitter』で知り合いの人が実況していたりもしてたので、1話を見てみる事にしました。するとこちらも面白かったので、今では毎週見るようになってしまいました。

 という訳で今回は、そんな『はたらく魔王さま!』についてのお話です。

魔王 in 笹塚