テクノロジー

macOSで『GitLab.com』を使うときのメモ

gitlab_logo

広がるGitの輪

 ここ最近のGitの勢いは目覚ましく、特にリポジトリのホスティングサービス『GitHub』を使った開発は、近年のソフトウェア開発には欠かせないものとなりつつあるようです。

 筆者も長らくGitを使っていますが、GitHubのデザイン自体がそこまで使いやすいと思っていないこと、無料版だと非公開で使うことができないこと、個人的には“プルリクエスト”よりも“マージリクエスト”のほうがしっくりくることなどから、ホスティングサービスには『Bitbucket』を使っていました。

 ブログのデザインの草案などはすべてBitbucketで管理しています。ですが、Bitbucketも無料版には縛りが多く、別のホスティングサービスを探していました。そうしたら、『GitLab.com』を紹介されました。

 GitLabといえばオンプレのホスティングサービスという印象があったのですが、このGitLab.comはGitHubやBitbucketと同じウェブサービスで、無料で、非公開リポジトリをつくれるということで、さっそく活用することにしました。その際、Macでの認証のやり方がわからなく、いろいろと試行錯誤をしたので、備忘録も兼ねて書いておこうと思います。

ターミナルから公開鍵生成

『iPhone 7』が発表されていたそうですよ

1年に1回の楽しみ

 9月7日、毎年この時期恒例のiPhone発表イベントが開催されました。今回の発表会は、日本に向けての内容が多かったですし、そのへんの内容をまったりと振り返っていきたいと思います。

待望の2ステップ『Apple Watch Series 2』

独特な形状のワイヤレスなエルゴマウス『MA-ERGW8』を購入した!

エルゴマウス大好き

 筆者はサンワサプライのエルゴノミクスデザインのマウスが大好きです。かれこれ4年くらい使っています。

 あまりに好きすぎて『MA-ERGW4』は2台もっています。

 ただ、最初に買った『MA-ERGW4』はもう4年も使っていることもあり、塗装が溶けてしまい、使っていてちょっとベトついてしまい、買い換えようか迷っていました。そしたら先日、『MA-ERGW4』の後継機種が先日発売されました。

 この『MA-ERGW8』はまさに筆者にとっては渡りにだったので、さっそく購入して使ってみることにしました。

写真とか

首の疲れを軽減するために『HiRise for iMac』を使ってみた

RISE

 筆者が以前、『MacBook (13-inch, Aluminum, Late 2008)』と『MacBook Air (13-inch, Mid 2013)』をバリバリ使っていたときにお世話になっていたのが、Twelve Southの『HiRise for MacBook』でした。

 自宅で『MacBook』を使う用、作業先で『MacBook Air』を使う用と二つもっていて、今は結局どちらも使っていないのですが(笑)、当時は首の痛みを軽減するためにだいぶお世話になりました。

 さて、最近の筆者のメインマシンは『iMac (21.5-inch, Late 2013)』なのですが、こちらも机の上に置いて使っていると「ちょっと高さが低いのかな」と感じることがありました。常に下を向くような感じで使うようになっていたからです。横に『U2412M』を縦置きしているから余計にそう思うのかもしれません。そうなると首に負担がかかってしまい、現に首に慢性的な違和感を感じるようになってしまいました。その状況を緩和するため、同じくTwelve Southから発売されている『HiRise for iMac』を購入して、使ってみました。

写真とか

“OS X”が“macOS”に生まれ変わった『WWDC 2016』を振り返る

今年もまたやってきた

 Appleファンにとって、6月といえば『WWDC』の時期です。毎年、この季節になると新しいOSの発表にワクワクする人も多いかと思います。特に今年は、新しい『MacBook Pro』『Thunderbolt Display』の噂もあり、筆者も楽しみにしていました。まあ、これを読んでいる人はもうご存知かと思いますが、発表はされなかったんですが……(笑)。『WWDC』は本来、ソフトウェアの発表の場ですからね。そんな今年の『WWDC』のKeynoteを、まったりと振り返りたいと思います。

いよいよ実用的になってきた? 『watchOS 3』