テクノロジー

『Mountain Lion』でトラックパッドとマウスを併用するのに最適な『Scroll Reverser』


via Kirsten Loza

Mountain Lionで密かに期待していたこと

 筆者が『Mountain Lion』に期待していたことの一つに、「トラックパッドとマウスのスクロール方向の非連動」があります。ご存じの方も多いと思いますが、『Lion』からマウスのスクロールホイールの向きが今までのMacとは逆になりました。これは「システム環境設定」から簡単に今までの向きに変更できるのですが、そうすると今度はトラックパッドのスクロールの向きが「ナチュラル」じゃなくなってしまいます。これも賛否両論ですが、個人的にはトラックパッドはナチュラルで使ったほうが使いやすいと思います。

 しかしながら、「今までのマウスのスクロールの方向」と「新しいトラックパッドの方向」は共存できないんですね。これが原因で、『MacBook Air』や『MacBook Pro』に、『Magic Mouse』ではない、一般的なマウスが繋げられないって人もいると思います。『MacBook』シリーズには必ずトラックパッドが付いていますからね。これが『Mountain Lion』では共存できるようになってることに期待していたんですが、残念ながらマウスとトラックパッドのスクロールの向きは連動していて、この組み合わせでの共存はできません。

 そこで今回は、その共存を可能にするアプリをご紹介したいと思います。

名前の通りの『Scroll Reverser』

新春特別企画! 僕の“どうしてもこれだけは手放せない”Macアプリ13個!

アプリケーション

あけましておめでとうございます

 みなさん、あけましておめでとうございます。本年もこの『tidestar』をよろしくお願いします。

 さて、先日の大晦日の「年末特別企画! 今年“買ってよかった”と思ったものベスト5!」のエントリでも書きましたが、年末年始特別企画ということで、本日も、普段書けないようなエントリをお届けしたいと考えていました。それでいて、皆様のニーズに合うようなエントリにしたいと思っていました。で、この『tidestar』のウリといえば、やはりMacのアプリの話ですよね。

 そこで今回は、筆者がどうしても手放すことのできないMacのアプリを、2013年ということで13個、紹介したいと思います。

13個まとめて大紹介!

『CrossOver』を使ってMac上でWindows用のゲームとかを動かしてみた


via jerryfletcher

動かない

 大変忌々しい事実なのですが、MacでWindows用のゲームはできません。Microsoft社のOS・Windowsがトップシェアのため、ゲーム会社がPC用のゲームを作ろうとすると、どうしてもまずはWindowsってなってしまいます。また、『Microsoft Office』はMac版とWindows版で結構使える機能が違うらしいです。Microsoft社が作っているのだから仕方ないですね。ところで、『Office』ってWindows版よりもMac版のほうがかなり安いんですよね。なんでなんでしょうか。

 話が逸れました。ともあれ、MacでWindowsのゲームができないのは腹立たしいので、そのためのいろんな方法が提案されています。『Boot Camp』によるデュアルブート、『Parallels Desktop』や『VMware』による仮想化などです。しかし、これらの方法では結局Windowsのライセンスが必要になるため、非常に高額になってしまいます。そもそもMacを使っているのにWindowsを入れるのは邪道です。美しくないです。MacでWindowsのゲームを遊びたいって考えること自体が邪道なんじゃないかって話はこの際置いておきます。

 と、そんなふうに思っていた時に、とある便利なアプリに出会い、感動したので、今回はそんな“Mac上でWindows用のソフトを動かす”アプリ、『CrossOver』を紹介したいと思います。

“Run Windows Applications on Mac”

Mac“最強”のメモリ解放アプリは『Memory Magic』だ! しかも今だけ無料!


via dh

ついに見つかった!

 筆者はMacでメモリを解放するアプリを色々試してきました。長く使ったのだと『FreeMemory Pro』や『Memory Clean』、少しだけ使ったのだと数えきれないほどのアプリを試しました。が、どれもしっくりきませんでした。この理由については後で説明します。

 そんなこんなでいいメモリ解放アプリはないかなーと思っていたところ、かなり素晴らしいアプリが見つかったので、それを紹介したいと思います。

“最強”(当社比)のメモリ解放アプリ『Memory Magic』

Macで“control+H”を使うようになったら世界が変わった


via kuzyoken

UNIX

 Mac OS Xは“UNIX”をベースに作られています。が、それを意識してMacを使っているという人は少ないのではないでしょうか。実を言うと筆者もそうです。UNIXと言われても、パソコンに詳しくない人にとっては「だから?」といった感じでしょう。

 さて、そんなMacは、UNIXなのでUNIX特有のキーバインドを使えます。……これも「だから?」という反応が帰ってきそうです。そのリストが上のリンク先なんですが、多すぎてとても覚えられません。便利なのだけをいくつか覚えようと思っても、最初にちょっと見ただけではわからないと思います。

Mac People (マックピープル) 2012年 09月号 [雑誌] Mac People (マックピープル) 2012年 09月号 [雑誌]
販売元:アスキー・メディアワークス
(2012-07-28)
クチコミを見る

 しかし、『MacPeople』の9月号を読み返している時に、塩澤一洋さん (@shiology) の連載で、controlキーについてのTipsが書かれていました。これを読んでいて、昔勉強したことや知り合いに教わったことなどを思い出しました。そこで、その中でも効果の高いキーバインド、control+Hについての紹介をしたいと思います。

なにができるの?