テクノロジー

Mac初心者はこれ見とけ! 絶対に間違えない『MacBook』の選び方 in 2013

MBP or MBA

今年もやります

 去年の『WWDC2012』で新しい『MacBook Pro』と『MacBook Air』が発表された後、こんなエントリを書きました。ちょうど1年前のエントリですね。

 このエントリが思ってたよりも需要があったみたいなので、味をしめて期待に応えて第二弾、2013年版の『MacBook』の選び方を書いておこうと思います。『WWDC2013』も開催されましたしね。「『MacBook』を使ってみたいけれど、どれを買えばいいのか分からない……」というMac初心者の方は必見ですよ。

 ちなみに、ここでのカスタマイズは『Apple Store』での購入(CTO)を考えています。

スペックの用語の説明

『WWDC2013』のKeynoteまとめ

毎年恒例の大イベント

 今年もまた、『WWDC』の季節がやってきました。今回はAppleの発表会としては昨年の『iPad mini』の発表会以来230日ぶりで、これはAppleの発表会の間隔としては今までで一番長かったらしいです。

 『WWDC』とは、“Worldwide Developers Conference”の略で、Appleが開発者向けに行うイベントで、毎回盛り上がりを見せています。特に初日のApple首脳陣によるKeynoteは特に人気のあるイベントで、昨年の『WWDC2012』の盛り上がりも記憶に新しいですね。

 で、今年も、そんな『WWDC2013』のKeynote(基調講演)の中から、筆者が気になったところをつまんでいきたいと思います。

期待大な『OS X Mavericks』

新しい『MacBook』のラインナップはこうなる? 大予想!


via rubenerd

もうすぐ『WWDC』

 6月に入り、そろそろ『WWDC2013』の時期が近づいて来ました。今年もMacファンとしてはとてもとても楽しみなイベントです。さて、昨年の『WWDC2012』の前、筆者はこんな記事を書いていました。

 まあ内容については大外れもいいところだったんですが(笑)、新しいMacの発表前にあれこれ考えるのは楽しいものです。んで、今年も予想記事をなんか書こうと思っていた時、『MacPeople』の柴田文彦さんの連載「Mac時事放言」に書かれていたことを思い出しました。

MacPeople 2013年3月号<MacPeople> [雑誌]
マックピープル編集部
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
2013-01-29

 という訳で今回は、もうすぐ発表になる(であろう)『MacBook』シリーズについて、アナリストでもなんでもない筆者が、あれこれ妄想したいと思います。まあ、99%は願望ですが……(笑)。

『MacBook Air』は消滅する?

『Pocket』と『Evernote』を使って、いつでもWebサイトを持ち歩こう


via twicepix

マイフェイバリットサービス『Pocket』

 筆者が最近よく使っているサービスが『Pocket』です。

 この『Pocket』、少し前までは『Read It Later』という名前のサービスでした。こちらはもう本当に名前のとおりですよね。この名前が示すとおり、Webページを保存しておき、“後で読む”ためのサービスです。

 さて、『Pocket』と似たサービスに『Evernote』のWebクリップ機能があります。Webページを『Evernote』に保存して、どこからでも読むことができるようにできます。この『Pocket』と『Evernote』の二つのサービス、似ているようで、微妙に使い勝手が違い、それによって目的も違ってきます。筆者も、この二つを使い分けています。そこで今回は、実際にどんな感じで使い分けているのかを紹介したいと思います。

長く、何度も見るページは『Evernote』でWebクリップ

美しすぎるテキストエディタ『Sublime Text』に恋してしまった

sublime_text_01

テキストエディタ戦争

 今年の1月の「新春特別企画! 僕の“どうしてもこれだけは手放せない”Macアプリ13個!」でも紹介したとおり、筆者は今まで『mi』というテキストエディタを使っていました。

mi
mi

 この『mi』、LaTeXをショートカットキーでコンパイルできるなど、機能面で大きな不満はなかったのですが、UIがあまりMacっぽくなく、使っていてちょっと違和感を感じることがありました。また、テキストの形式が全て“mi テキスト書類”となってしまって分かりにくいってのもありました。バージョン3になってUIも変わって洗練された感じもありましたが、まだちょっとしっくりこないところもありました。

 とまあそんなこんなで「いいエディターはないかなー」と探していたところ、とあるテキストエディタを教えてもらい試しに使ってみるとめちゃくちゃ使いやすかったので一瞬で乗り換えてしまいました。という訳で今回はそんな素敵なエディタ『Sublime Text』についてのお話です。

美しすぎるテキストエディタ『Sublime Text』