テクノロジー

iPhoneの最強ランチャー『Launch Center Pro』は二刀流で超便利!


via NASA Goddard Photo and Video

ランチャーウィジェットの便利さはガチ

 『iOS 8』より、通知センターにアプリをウィジェットとして登録して使えるようになり、非常に便利になりました。その中でもランチャーアプリを登録できるようになったのはめちゃくちゃ便利でしたね。

 特に『Launcher』を初めて使ったときは、その便利さにはビックリしましたね。

 筆者は『Launcher』以前に別のランチャーアプリを使っていて、それと併用する形でいたのですが、つい先日行なわれたアップデートで、そのランチャーアプリも通知センターウィジェットが使えるようになり、ひとつにまとめたほうが使いやすかったのでそっちばかり使うようになってしまいました。そんな便利なアプリを今回は紹介したいと思います。

ホームとウィジェットの二刀流!

MacでMagic Onlineを遊ぶ! 〜その3・Windowsのライセンス〜

Magic Online

ライセンスを入力! するはずが……

 【その2】ではMacの『Parallels Desktop』上で『Magic Online』(以下、MO)を動かすところまでをやったこの企画、もうMOが動いたんだから終わりなんじゃないかと思われるかもしれませんが、【その1】でスルーした、『Windows 10』のライセンスキーの入力がまだ終わっていません。そして、そこで色々とつまづいたので、同じところで詰まっている人のためにも書いておきたいと思います。

入力できない!

『iPhone 6s』や『iPad Pro』が発表されていたそうですよ

apple_event_iphone6s
via iDownloadBlog

今年もこの時期がやってきた

 9月9日(日本時間だと9月10日)に、毎年恒例となる新しいiPhoneの発表会が行なわれました。今回は、iPhoneの新モデル『iPhone 6s』『iPhone 6s Plus』のほか、新しいiPad『iPad Pro』と、新しくなった『Apple TV』も発表されました。『Apple Watch』も少し新しくなったようですが、こちらについてはよくわかりません(笑)。なので、筆者の興味がある部分だけに絞って発表会を振り返っていきたいと思います。

 毎度のことですが、発表会の動画はAppleのサイトにて視聴できます。

出そうで出てなかった『iPad Pro』

MacでMagic Onlineを遊ぶ! 〜その2・インストールして環境構築〜

Magic Online

いよいよ遊ぶよ

 Macで『Magic Online』(以下、MO)を遊びたくて、【その1】では『Parallels Desktop』を使って『Windows 10』をインストールするところまでやりました。今回は、MOをインストールして、快適に遊べるように環境を構築していきます。構築と言っても、構築戦をやるという訳ではありません(笑)。諸々の都合で、構築戦はまだしばらく遊べそうにありませんしね。

公式サイトからダウンロード

MacでMagic Onlineを遊ぶ! 〜その1・ParallelsでWindows 10〜

mac_mo_100

いつでもどこでもMtG

 『Magic: the Gathering』をネットで遊べるオンラインゲーム『Magic Online』(以下、MO)をご存知でしょうか?

 構築もリミテッドもどちらも遊べて、特に人を集めるのが大変なドラフトなどを手軽に遊べるということで人気です。iPhoneやXboxで遊べる『マジック・デュエルズ』もありますが、やはり物足りませんよね。英語しか使えないのが珠にキズですが……。また、残念なことにこのMOはWindowsのクライアントしかないので、Macでは普通には遊べません。

 以前、MacでWindows用のゲームを遊べる『CrossOver』を紹介しましたが、ネットゲームという性質もあり、MOはうまくインストールできませんでした。しかし、最近リアルのMtGの大会に参加できておらず、『マジック・オリジン』発売がされたところで遊びたかったこともあって、なんとかMacでMOを遊べないかと試行錯誤しました。

仮想マシンを構築するも……