キーボード

Macユーザーが“USキーボード”を使うべき3つの理由


via markhillary

宗教戦争

 JISキーボード vs USキーボード。これは延々と続けられてきた骨肉の争いです。似てるようで非なるもの、わずかに配列が違うだけなのですが、永遠と続くのではないかと思うような「どちらのほうが優れているのか」という議論が、おそらくはJISキーボードが開発されたときから続けられています。これに関しては、最終的には本人の使いやすい方を選べばよいという結論が暫定的に出されています。一般的な学校などのパソコン室にあるキーボードはJISキーボードなので、普通の人ならJISキーボードのほうが慣れていると思います。

 しかし、ことMacユーザーに関しては、JISキーボードよりもUSキーボードを選ぶべき理由がいくつかあります。そこで今回は、それらの理由を紹介したいと思います。

【注意】筆者は重度のUSキーボード信者です。その点に留意して以降の文章をお読みください。

その1:見た目が美しい

『Apple Wireless Keyboard』開封の儀

心変わり

 前回、あんなエントリを書いておきながら、気付いたら英字配列のキーボードが欲しくなってしまいました。だって、プログラム書くのに便利なんですもん(笑)。ダブルクオーテーションとかすごく簡単に打てますしね。

 欲しいと思った時が買い時、作業用の『iMac』のキーボードもUSキーボードを使っている人とトレードしてもらい、自宅用の『MacBook』のクラムシェルモード用にも一つ、USキーボードを近所の家電量販店で買って来ました。ちなみに、『MacBook』自体のキーボードはJISキーボードです。

 で、実は筆者、Appleの純正品を自分で買うのは初めてなんですよね。まあiPodとかは持ってるんですが、正直、Appleの製品だとは意識せず、なんか流行ってるみたいだしこれでいいかと思って買ったんですよね。てなわけで、初めてちゃんとApple製品を買った記念として、『Apple Wireless Keyboard』の開封の儀を執り行いたいと思います。

早速開封!

【過去エントリ】Macで使えるBluetoothキーボードまとめ

Macと言えばBluetooth

【2013/11/19 追記】2013年度版のエントリを書きました。こちらも参考にしてみてください。

 Macといえばワイヤレスです。これが一番分かりやすいのは『MacBook Air』ですね。必要最低限の外部出力を持ち、マウスや外付けキーボードを使う場合はBluetoothで接続というスタンスになっています。その他の『Mac mini』や『iMac』もケーブルポートが背面にあり、なるべくBluetooth接続するようになっています。『Magic Trackpad』も『Magic Mouse』もBluetooth接続ですしね。サードパーティーの製品も、できるだけBluetooth接続の物を選びたいものです。

 そこで今回は、Macに対応しているBluetoothキーボードをまとめていろいろと紹介したいと思います。

筆者お気に入りのキーボード