ポケモン第6世代

狙って色違いのポケモンを手に入れられる“SV法”がスゴい!

KeySAV

あまり色違いには興味がなかったけれど

 ポケットモンスター金銀より追加された要素に色違いのポケモンというものがあります。普段とは違う色のポケモンということで、群れバトルや孵化厳選で手に入れて大事にしている人も多いかと思います。筆者も、何匹か自己産の色違いのポケモンを所持しています。特に、孵化厳選中に産まれたフシギダネの色違いはお気に入りで、フシギバナまで育てました。

メガフシギバナ

 ただ、色違いのポケモンが特に好きというわけではなく、国際孵化に挑戦したりといったこともありませんでした。先日、オメガルビーでランドロスの厳選中に色違いの個体と遭遇しましたが、最速でなかったので捕獲すらしませんでしたし。レーティングバトルがポケモンの楽しみの大部分を占めている筆者にとっては、色違いのポケモンはあくまで観賞用で、バトルで使える個体のほうが優先度が高かったのです。

 しかし、最近、SV法という、色違いのポケモンをある程度狙って手に入れられる方法を知って、試してみたところ実際に色違いの実戦級の個体を手に入れられたので、もう知っている人も多いとは思いますが、紹介してみます。

色違いが産まれるルール

フレンドサファリでかわりものメタモンの厳選をしよう

タマゴみはっけん

メタモン

 メタモンといえば、ポケモンの孵化厳選における最重要ポケモンであり、かくいう筆者も各種めざパメタモンたちにはお世話になっています。

 孵化厳選では大人気のポケモンでしたが、第4世代までは戦闘では使われることはありませんでした。しかし、第5世代で夢特性[かわりもの]を手に入れて、実戦でもたまに使われるようになりました。積みエースに対する強力な選出圧力になります。筆者も1匹はもっておきたかったのですが、BW2での隠し穴の乱数はまだできないですし、XYではメタモンの出るフレンドサファリのフレンドがいなかったので、今まで手に入れられませんでした。

 ところが、先日XYの方でたまたまメタモンの出るフレンドサファリに行けるようになったので、せっかくなので厳選してみることにしました。

準伝厳選並みの準備

汎用的に使える固定シンボルの伝説ポケモンの厳選方法を思いついた

カロスサンダー厳選するマン

サンダー

 XYの固定シンボルの伝説のポケモンの捕獲の際に、シンクロ要員を準備しようとか実数値から厳選しようとかの基本的な内容は以前書きました。

 カロスサンダー厳選は性格[ひかえめ]でめざパ氷の個体を厳選していて、31-31-30-31-31-31の個体を泣く泣くリセットしたところで心が折れたのでしばらく休憩していますが、いつかまた再開したいと思います。今になって思えば、この個体もキープして、もう1周Xをプレイすればよかったかもしれません。まあ後の祭りですし、[ひかえめ]で採用級の個体をもう1匹もっているのでいいんですけれどね。めざパは草でしたが。

 ORASの最初のラティオスorラティアスの厳選方法も以前少し書きました。その後、それ以外の伝説のポケモンを厳選する前に、今回も効率的な厳選ができないかなと考えました。サンダーはマッギョで[いたみわけ]してればオーケーでしたが、どのポケモンに対しても使えるわけではありません。汎用的に使える厳選方法はないかなーと思っていたところ、少し発想を転換したらかなり汎用的に使えそうな方法を思いついてしまったので、実際に試してみました。

2匹で力を合わせて!

『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』を買いました

ついについに

 ついについに、本日11月21日、『ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア』が発売となりました。筆者ももちろんゲットし、先ほど殿堂入りを終わらせました。ラグラージ無双でしたが。

ラグラージ

 やりこみ要素はこれからどんどんやっていくつもりですが、これからプレイする人が気をつけておきたいポイントを2点あげておきたいと思います。

ラティ兄妹に注意!

鉢巻マリルリがめっちゃ強かった

マリルリ

ラストシーズンも終わり

 ポケモンXYのレーティングバトルの最終シーズンが13日に終わりました。筆者はしばらくレーティングに潜っていなかったのですが、13日の予定がなくなったこともあり、最後の日に少しだけ潜りました。全然勝てずに1600中盤だったレートを一瞬で1500前半まで落として終わりました。そもそも途中で潜らなくなってしまったのがダメでしたね。1600中盤からなかなか上がらなくてパーティの案が浮かばなくなったからなんですが。

 で、最後の数試合で初めて実戦投入した鉢巻マリルリがかなり強かったので、紹介しておきたいと思います。

構成について