毎年恒例の大イベント

 今年もまた、『WWDC』の季節がやってきました。今回はAppleの発表会としては昨年の『iPad mini』の発表会以来230日ぶりで、これはAppleの発表会の間隔としては今までで一番長かったらしいです。

 『WWDC』とは、“Worldwide Developers Conference”の略で、Appleが開発者向けに行うイベントで、毎回盛り上がりを見せています。特に初日のApple首脳陣によるKeynoteは特に人気のあるイベントで、昨年の『WWDC2012』の盛り上がりも記憶に新しいですね。

 で、今年も、そんな『WWDC2013』のKeynote(基調講演)の中から、筆者が気になったところをつまんでいきたいと思います。

期待大な『OS X Mavericks』