iPhone

“Keynote Remote”をWi-Fiがないところで使う方法!

Macを使う理由の一つ

 みなさん、Macで『Keynote』を使っていますか? Appleの提供するオフィススイート『iWork』の中の一つで、超有名なプレゼンテーションソフトですね。スティーブ・ジョブズがプレゼンをするために作ったアプリというのは有名な話です。

 さて、この『Keynote』をiPhoneなどから操作するためには、iOS版の『Keynote』の“Keynote Remote”機能を使います。

 以前は『Keynote Remote』という単独のアプリで、筆者も愛用していたんですが、2年間ほどアップデートされておらず、『iPhone 5s』などの画面の大きさにも対応していませんでした。そして、今年の1月末頃に公開停止となりました。で、その機能が新しくなった『Keynote』に受け継がれたわけですね。

 この“Keynote Remote”は同じWi-Fi内のMacを操作できます。じゃあ、Wi-Fiが飛んでないところでは使えないのかというと、そんなことはありません。今回はその方法を備忘録的に書いておこうと思います。

Wi-Fiが無ければ飛ばせばいいじゃん。

PGAのiPhoneケース『iJacket』を購入した!

ツイてないと言えばツイてない

 『iPhone 5s』を買って、しばらくとあるケースを使っていたんですが、かなり薄いケースだったので、ボタン周りの細くなっている部分が割れてしまいました。仕方ないと思って同じ製品をまた買ったんですが、まったく同じ割れ方をしてしまい、これはちょっとダメだなと思って、別のケースを買うことにしました。

 てな訳で今回は、そんな感じで見つけたイイ感じのiPhoneケース『iJacket』を紹介します。

マット感が最高

『iPhone 5s』を買っちゃいました


via harry525

結局、買っちゃうわけよ

 この前は「いつ買うか未定」とか言っちゃってましたが、結局のところ発売されたらすぐ買っちゃうわけですよ。ええ。もう最近は1年半前に買った『Xperia acro HD』もそろそろ限界だなって気づいてたんですよ。

 とゆーわけで買っちゃいましたよ、発売されたばかりの『iPhone 5s』を。発売日直前には「シルバーは品薄みたいだな」、「でもスペースグレイでもいいから欲しいな」、「『Nexus 7』を買ったほうがいいんじゃないか」、「いやさすがにそれは比較対象がおかしい」などと自問自答した上で考えが情緒不安定的にコロコロ変わっていたんですが、最終的にはショップに足が向かっちゃうわけです。そんなこんなで手に入れた『iPhone 5s』について、今回はあーだこーだ言いたいと思います。

とりあえず初期設定してみた

『iPhone 5s』や『iPhone 5c』が発表されていましたね

apple_event_iphon5s

ついについに

 たくさんの噂が飛び交いましたが、9月10日(日本時間では11日)のAppleのスペシャルイベントで、『iPhone 5s』『iPhone 5c』が発表されました。

 案内状にあった「きっと鮮やかな一日になるはずです。」のとおり、全部で8色(おそらく発売されるであろう“(PRODUCT) RED”モデルを含めたら9色)の鮮やかなiPhoneが発表されました。という訳で、そんな新しいiPhoneをまったりと見ていこうと思います。

指紋認証に対応した『iPhone 5s』

新しい『iPhone』と『iPod』が発表されたんでいろいろとまとめ

apple_event_iphon5

ついに、ついに!

 前から噂されていたとおり、9月12日(日本時間では13日の朝)の『Apple Special Event』で、新しい『iPhone』と『iPod』が発表されました。Appleのこういったイベントは6月の『WWDC』以来ですね。個人的には『iPhone』はそこまで興味はなかったんですが(笑)、その他にもいろいろ紹介されるという話でしたので、楽しみに発表を見ていました。今回も筆者が興味を持ったことを中心に、色々とまとめていきたいと思います。

 なお、発表会の動画はAppleの公式サイトで見ることができます。

今回の目玉の“New iPhone”こと『iPhone 5』